社員インタビュー

お客様あってのキグナス。 毎日「仕事が楽しい」と感じています。 お客様あっての キグナス。 毎日「仕事が楽しい」と 感じています。

Y・M2016年入社所属 : 東日本支店

個人の裁量が大きいからこそ感じるやりがいと楽しさInterview 01

私は第二新卒として入社しました。
選考を通じて、先輩社員と面談する機会も多く「キグナスは中途入社の社員が多くて、風通しがいい社風」という言葉もあり入社を決めました。
実際、入社してみるとその通りで、毎日「仕事が楽しい」と感じています。「心から楽しいと思える仕事なんて、世の中に何%あるだろう?」と考えると、私は恵まれていると思います。
この風通しの良さは実務でも同様で、基本的に「思うようにやってごらん」というスタンスで上司や先輩社員が見守ってくれるのです。
やりがいとしては、やはりお客様(特約店様)に寄り添いともに悩んだり、試行錯誤した結果、喜んでもらえること。また、SSで働かれている方々には、キグナスのブランドを背負ってくれることに、日々感謝しながら仕事に取り組んでいます。お客様あってのキグナスが当社のスタンスだと私は考えています。

“気持ち”のコミュニケーションで、お客様へ貢献したいInterview 02

現在、東日本支店で営業を担当している私の仕事は主に3つ。売上金額を管理する「債権管理」、担当特約店への出荷数量を管理する「数量管理」、そして「リテール活動」です。
リテール活動といっても様々ですが、コンサル営業的なもので実際に顧客である特約店に足を運んで、経営課題をヒアリングし、それに対してアドバイスを行うというもの。ガソリンをはじめとする燃料油以外の相談もあります。「スタッフを教育したい」などお客さまの課題は店舗によってさまざまですが、「もっと良くしたい」という根っこの部分は一貫しています。ですから、それぞれの課題に対して「自分はこう思う」「こうしたい」という、自分なりの考えや気持ちを伝えるコミュニケーションが何よりも大切だと感じています。
ベテラン社員と若手社員の間で、自分がどのように動きチーム全体のパフォーマンスを上げられるか―。
そんな俯瞰的な視点を持ったプレーヤーとして、これまで以上に会社に貢献していければと考えています。

※2022年1月時点のインタビュー内容となります
NEXT INTERVIEW

落ち着いた環境の中で一日一日、成長を実感
企画したポスターが全国に展開された時の喜び

2021年入社
リテール開発部・モビリティー事業グループ 所属
DISCUSSION

オフィスや社員の雰囲気、スキルとキャリア、
そして石油ビジネスの未来などについて、3人の社員に話を聞きました。

ENTRY
PAGE TOP